不安症が心理学で人生を変えていくブログ

20歳、平凡な社会人。学生時代から不安症で日々絶望感を味わってきた僕。そんな僕が心理学を学んで根性で人生と戦っていくブログです。 ダイエット・断捨離・集中力・ストレス・人間関係・SNS・等の日頃、様々な人が苦労していることを心理学を使って一緒に乗り越えていけるように人生を変えていきます。 

MENU

【友達作りの心理学】心理学的に良質な友人関係を作る方法

こんにちはKaedeです。

 

今回は メンタリストDaiGo

 

本当に価値ある友人関係を作るための「友達作りの科学」

 

以上の内容を完全にまとめたので公開していきます。

 

友達を作るために必要な心理学をお話していきます。

 

どういう風にすれば良い友達が作れるのか。

 

どういった友達と仲良くなれば良いのか。

 

人間関係で好感度を上げる心理学。

 

友達関係で悩んでいる人や、周りからの好感度を上げたい方にオススメな内容になっています。

 

 

始めに

 

「周囲に興味を示せば、友人は2ヶ月で増える。」/ディール・カーネギー

 

大きなポイントとして、友達が中々作れないという人は、他人に興味を持つことを意識してみてください。

 

といった内容です。

 

この言葉を始めに頭に入れて、記事を読んでいってください。

 

この時「周りに興味が持てない」という人が稀にいると思います。

 

厳しい事を言いますが「周りに興味が持てない」ということは、「自分は知識が無い」と言っているのと同じです。

 

こういう人は、世の中は知らないことばかりだし、知ったら面白いことで溢れているのにも関わらず、それをシャットアウトして生きているということです。

 

学んだ時にどういう経験が得られるかだったりを、いまいち良く分かっていない人です。

 

ですから周りに興味を持って新しい発見を得るというのは非常に大切なことです。

 

相手の考え方から自分の趣味に活かせるものは無いかなど、無理やりにでもこじつけることによって興味を持てるようになっていきますよ。

 

しかし、どうしても人に興味を持つことが出来ない人でも安心してください。

 

今回は人に興味が持てない人がどうやったら興味を持てるようになるかまで解説していきます。

 

●まとめ

友達作りの始めは他人に興味を持つところから。

 

興味を持てない以上は友達を作ることは出来ない。

 

 

 

フランクリン効果

 

では、良好な友人関係を作るための科学を 3つ ご紹介していきますね。

 

△心理学者ジョン・ジェッカーとデヴィッド・ランディ

 

①フランクリン効果

(他人に小さな親切を求めること。)

 

これは親切を「与えること」ではなく「求めること」という点に注目してください。

 

人間は、相手に助けられたことより、相手を助けてあげたことによって、相手のことを好きになってしまいます。

 

男性の場合に多いですが「弱みを見せたくない」と思いがちな人がいます。

 

心理学的に見るのなら、全く逆で、むしろ助けてあげるチャンスを与えることで、相手に愛されることになります。

 

友達作りにおいて、上手に助けを求めるということが大切になってきます。

 

これだと「テイカー」ではないか⁇

 

そう思った方もいると思います(僕も思いました)

 

ですが「テイカー」は与える分より多くを貰う人です。

 

つまり貰った分より多くを与えれば「ギバー」になります。

 

「人を好きになるのは、人からしてもらった為ではなく、人にしてあげた為である」/作家レフ・トルストイ

 

科学的にもそうですし、感覚的な面で見ても、重要なことなんだと分かりますね。

 

●まとめ

フランクリン効果(他人に小さな助けを求めること)を上手く使って、相手から愛される人になりましょう。

 

そして、与えられた以上に、相手の為に与えてあげましょう。

 

 

 

しくじり効果

 

②しくじり効果

(時々失敗ができる能力)

 

これはあまりわざとやらない方が良いかもしれませんが、ある条件を満たすと、失敗することにより好感度が上がってしまう心理効果です。

 

ある条件とは何か解説しますね。

 

△カリフォルニア大学 エリオット・アロンソン

 

完璧な人が見せるミス

今まで完璧だったのに、ミスを見せることによって、相手に対して同じ人間なんだと安心感を抱かすことができます。

 

逆に結構失敗を繰り返している人は好感度が下がるので注意です。

 

人の性にせず認める

完璧な人が人の性にせず、自分の性だと認めることで、更に好感度があがります。

 

●まとめ

しくじり効果(時々失敗ができる能力)を使って、自分が完璧すぎる時は少し可愛い失敗をしてしまおう。

 

更にそれを認めることで好感度がアップします。

 

 

 

自発的特徴変換

 

③自発的特徴変換

(人を褒めたりけなすと自分の評価も上下する)

 

次は噂話がどれくらい自分に影響を与えるかを解説します。

 

△オハイオ州立大学 ニューアーク校 心理学者 ジョン・スコウロンスキ

 

これは他人の噂話をすると、その特徴が自分に乗っかってしまうというものです。

 

他人の悪口を言うと、その悪口のイメージが自分に乗っかってしまうため、好感度がダウンします。

 

他人を褒めた場合は、自分の好感度がアップします。

 

簡単に言うと、どんな場所でもその場にいない他人の事を褒めまくってください。

 

そうするだけであなたの評価まで上がります。

 

八方美人と思われるんじゃないか⁇

 

と思う方もいるかもしれません。

 

しかし八方美人は、その場にいる人を褒める事が多い為、その場にいない人を褒めることに関しては、八方美人だと思われることはないです。

 

●まとめ

自発的特徴変換(人を褒めたりけなすと自分の評価も上下する)を使って、その場にいない他人を褒めまくろう。

 

その場にいない他人を褒めた分だけ自分の好感度もアップする。

 

 

 

幸せな人はどんな行動をしているのか

 

幸せな人の周りには幸せな人が集まり、不幸な人の周りには不幸な人が集まります。

 

大事なのは自分が幸せである事、もしくはそう振舞うことです。

 

次は幸せな人達がどんな行動を取っているのかについて解説していきます。

 

△ビーレフェルト大学 ペーター・ボルクナウ

 

この方が幸せな人が見せる特徴を研究した結果、8つ あるという事がわかりました。

 

①歩くときに肩を脱力している

 

肩に緊張感が入ると肩が持ち上がりますよね。

 

これは人間の急所である、首を守る行為です。

 

その為歩くときに肩が脱力している人というのは、緊張感を持って怯えて生きているということです。

 

②腕を大きく振って足取り軽くして歩いている

 

人間の心理というのは歩き方に大きくでます。

 

歩き方でその人が一日どんな出来事を経験したのかある程度把握できるとも言われているほどです。

 

③表情豊かに手を動かして良くうなずく

 

こうすると感情表現豊かだと思われます。

 

相手も話をしやすいですし、体を動かすことでテンションが上がるので、楽しい会話ができます。

 

④プラスの感情ワードが多い

 

言葉は人間の心を表します。

 

会話をする時ポジティブな表現が多い人ほど、ポジティブな人です。

 

⑤自分を表す言葉が少ない

 

幸せな人の特徴として、周りの為に何かプラスになることをしてあげたくなります。

 

ですから自分よりも、相手の話を中心に話します。

 

逆に自分の話ばかりする人は、満たされていない、不幸せな人です。

 

⑥声の高さを上げる

 

幸せな人ほど、声の高さが上がり感情表現豊かになります。

 

⑦声の抑揚が大きい

 

⑥と似たような感じですが、幸せな人ほど、声の抑揚が大きく感情表現豊かになります。

 

⑧握手が固い

 

幸せな人ほど、握手が力強く感情がこもっています。

 

 

以上の 8つ が幸せな人の特徴です。

 

【幸せな人】になる方法として、以前にポジティブ心理学についてまとめた記事がありますから、そちらも参考にしてみて下さい。

 

www.hanabi2525.com

 

●まとめ

幸せな人が行っている 8つ の特徴を真似しよう。

 

そしてこの特徴を多く持っている人と友達になろう。

 

 

 

友達作りの信念を強める方法

 

人間は自分が主体的となって行動した場合に信念が強まるということが分かっています。

 

逆に他人に指示されたことをやる場合は信念が強まりません。

 

△カナダ アルバータ大学 心理学者 ウォール と エンゼル

 

つまり自分から友達を作ろうと思って主体的に行動すると、実際に友達を作るという信念も強まります。

 

目標達成の一番の近道は主体的行動で自分が成功するという思い込みをもつことです。

 

運の心理学の記事でもお話しましたが、実際に運をコントロールすることすらできます。

 

ぜひ主体的行動で友達を作りに励みましょう。

 

●まとめ

主体的行動は人間の信念を強めてくれる。

 

自分から積極的に友達作りに励むべし。

 

 

 

類似性の原理

 

(人間は自分と似た相手を好きになる)

 

実際にこの 類似性の原理 はビジネスなど多くの場面で使われています。

 

相手と似たような特徴を持つことによって、相手の好感度を上げる方法です。

 

外見でも良いですし、趣味や喋り方や考え方など、様々なところで 類似性の原理 が働きます。

 

有名な影響力の武器で言われている例を出しますね。

 

見知らぬ相手からの手紙をもらった時に、返信率は通常であれば30%程でしたが、自分と同じ名前の相手の場合56%も返信率があったという実験があります。

 

●まとめ

類似性の原理 を活用して相手と似たような特徴を身に付けよう。

 

相手と似た特徴があるほど、その相手と仲良くなる確率はアップする。

 

 

 

2週間でできる自信の身に付け方

 

今まで色々な心理学を紹介してきましたが「そうはいっても中々積極性を持てない」という人に向けてお話していきますね。

 

△ケース・ウエスタン・リザーブ大学 マーク・マラビン

 

2週間姿勢を良くするだけで、自分に自信が付いて、人に話しかけられるようになるということが研究でわかっています。

 

姿勢を良くすることは集中力の面においても効果があるので、2週間姿勢を良くするということを意識してみて下さい。

 

●まとめ

2週間姿勢を良くするだけで、自分に自信が付くようになる。

 

人に話しかける積極性が欲しい人は是非やってみよう。

 

 

 

真ん中効果で印象アップ

 

△心理学者 ブリア・ラグビルとアナ・ヴァレンスエラ

 

これは合コンや会社の飲み会など、様々な場面で使える心理テクニックです。

 

人の輪の中心に入ることによって、印象がアップするということが分かっています。

 

写真撮影時やテーブルで座る時など、全てにおいて真ん中に座ると印象アップです。

 

●まとめ

合コンや会社の飲み会など、好感度を上げたい場合においては真ん中に座るようにしよう。

 

 

 

成功イメージばかりは逆効果

 

これは友達作りに関わらず、ダイエットや恋愛や仕事など全てのことに共通して言えることです。

 

良く自己啓発本で「成功をイメージしろ」など書いている人がいますが、あれは間違いです。

 

楽観的に自分が成功しているところばかりイメージする人は失敗します。

 

人間は成功イメージばかりしていると、そのイメージだけで満足感を得て努力をしなくなるという研究が様々なところで分かっています。

 

成功イメージばかりして、挫折への対策すら滞ります。

 

しかしだからと言ってネガティブになり行動をしないわけにもいきません。

 

ではどうすれば良いかお話しますね。

 

自分の将来の可能性においては楽観的にポジティブなイメージして構いません。

 

ただし、将来起こりうる障害については、ネガティブに考えてください。

 

「自分は間違いなく上手く行く、でもこういう障害が起きた時に対処しなくちゃいけない」

 

こういった考えを必ず持つようにしてください。

 

これに関して名前が付いています。

 

エッティンゲンの2重思考

 

基本的に上手くいくけど、所々に落とし穴があるから、それに関しては現実的に対応する。

 

といった思考法です。

 

ポジティブに将来を見据え、ネガティブに障害に対して対策する。

 

これを具体的に落とし込みます。

 

先ずは達成による最大のメリットを考えて紙に書き出してください。

 

そしてそれに対して最大の障害&対策法を考えてください。

 

こうすると エッティンゲンの2重思考 で成功する確率が高まります。

 

●まとめ

ポジティブに将来を見据え、ネガティブに障害に対して対策する。

 

エッティンゲンの2重思考を上手く使って成功確率を高めよう。

 

 

 

スポットライト効果

 

△コーネル大学 トーマス・ギロヴィッチ2000

 

人間は失敗の過剰意識で2.5倍も周囲から見られていると感じてしまう効果です。

 

ナンパに断られた時や、何かに失敗してしまった時など、自分が思っているほど、周りは見ていませんし、気にしていません。

 

ですからどんどん色々なことにチャレンジしていきましょう。

 

新しい友達を作る時、積極的に声をかけるようにしましょう。

 

失敗しても自分が思っているほど周りは気にしません。

 

もっと自分に素直に、周りの目を気にせずに生きましょう。

 

●まとめ

人間は自分の失敗をスポットライト効果で過剰意識してしまう。

 

自分が思っているより、周りは見ていませんし、気にしていない。

 

積極的に失敗を恐れずチャレンジしていこう。

 

 

 

【おわりに】

f:id:hanabi2525:20180919164351j:plain

【友達作りの心理学】いかがでしたか⁇

 

好感度を上げる方法から、幸せな友達の見分け方まで、幅広い知識が満載だったと思います。

 

友達は数ではありませんが、良質な友達を作ることは大切です。

 

人間は周りの環境に大きく左右される生き物です。

 

幸せな友達が周りにいた方が自分も幸せになれます。

 

これはあなたが幸せになれば、あなたの大切な人も幸せにすることができるということです。

 

今回ご紹介した知識を活かして、皆さんが良質な友人関係を築いていけることを願っています。

 

それではまたお会いしましょう◎

プロフィール
id:
名前・Kaede

20歳、社会人。 GOD(全般性不安障害) 心理学超研究しています。 心理学や科学の力を借りて 色々な人の人生を変えるきっかけを 作り出していきます。 皆さん見ていてください。絶対に影響力を与える人間になります。 メンタリストDaiGoさんに感謝。

不安症が心理学で人生を変えていくブログ