不安症が心理学で人生を変えていくブログ

20歳、平凡な社会人。学生時代から不安症で日々絶望感を味わってきた僕。そんな僕が心理学を学んで根性で人生と戦っていくブログです。 ダイエット・断捨離・集中力・ストレス・人間関係・SNS・等の日頃、様々な人が苦労していることを心理学を使って一緒に乗り越えていけるように人生を変えていきます。 

MENU

【仕草の心理学】誰でも今日からできる、簡単に相手の心を読む方法

こんにちはKaedeです。

 

今回はメンタリストDaiGo

 

心の読み方を分析してみた

 

の内容を完全にまとめたので解説します‼

 

※今回は心理学を全く知らない人でも、相手の仕草や見た目から心を読む方法をまとめました。

簡単で日常的に使える内容を絞っています。

 

心理学に少し興味があるけど難しそうと思っている人でも、実戦できる方法となっているので楽しんでください‼

 

 

瞬きの回数で心理状態が分かる

 

瞬きの回数は一番簡単に相手の心理状態読み取れ、相手が意図的にコントロールしにくいものです。

 

目は心の窓といわれるくらい、その人を映します。

 

一般的な心理状態での瞬きの回数は1分間に20回程です。

 

一方で緊張や不安など悪い心理状態での、瞬きの回数は1分間に40~60回程です。

 

ここでのポイントは「見えやすい」という事です。

 

瞬きの回数が通常時と比べ、かなり多くなりますから、相手の目元に意識を軽く向けるだけで心理状態の変化を簡単に読み取ることが出来ます。

 

※意識的に観察するのとしないのとでは身に付き方が違います。

 

是非この記事を見た人は【意識的に相手の瞬きに注目する】

 

ということを今日から実践してみてください。

 

1週間程度で慣れてくるため非常に面白いです。

 

 

顔周りから心理を探る方法

 

△心理学者テンプルトンの研究

 

相手の顔周りを見るだけで、交渉やお願い事の際に、どれくらい脈があるかを確かめることができる方法です。

 

仕事でも恋愛でも使えます。

 

【相手が目を伏せ顔も背けている】これは脈なしです。

 

この場合は興味が無いか条件が気に入らない状態です。

 

【相手の顎が前に出ている】これは脈ありです。

 

この場合は「話を聞く意志はある」といった状態です。

 

【相手と目が数秒間合い、口元にかすかな笑いがある】これも脈ありです。

 

こちらが提示した条件に心が傾いている状態です。

 

【視線と顔が向き合っていて、顔全体が笑っている】これは完璧に脈ありです。

 

この場合はかなりの確率で成約が取れるでしょう。

 

猪木脈ありで覚えましょう。

 

 

 

交渉成立を高める唯一の仕草

 

△心理学者ニーレンバーグの研究

 

彼は何千回もの交渉をビデオで撮影してチェックしました。

 

どんな仕草が交渉成立に繋がるのかを確かめたかったのです。

 

すると交渉成立の確率を高める唯一の共通点を発見しました。

 

【ジャケットを脱ぐこと】

 

ジャケットが無い場合でも、お互いの間にある物をどかしたりだとか

 

自分と相手を阻んでいる物を退ける仕草が見られた場合に、交渉成立となる確率が高かったのです。

 

 

 

交渉失敗になる唯一の仕草

では逆にどういう仕草が出た時に交渉成立に至らなかったのか。

 

千回もの交渉で必ず、交渉成立に至らなかった共通点を発見しました。

 

【足を組むこと】

 

相手からこの仕草が出た場合、1件も交渉成立に至らなかったのです。

 

ですから交渉の時には

 

【ジャケットを脱ぐこと】【足を組むこと】

 

これらに注目して行うと結果が直ぐに分かるようになります。

 

 

反復動作から相手の心理を読む方法 

 

相手と会話している時に、そのことについて、本当に考えているのか分からない時があると思います。

 

そんな時【あごを触る】【眼鏡を拭く】

 

といった【反復動作】をする場合があります。

 

ですがこういった仕草は一瞬で終わらすこともできますよね。


この仕草を長く続けてしまう場合があります。


その場合、相手がじっくり考えているサインです。


その動作が終わった時は、相手の頭の中で答えが決まった時です。


この反復動作に注目して人と会話できるようにしておきましょう。

 

相手の反復動作がおさまった時に

 

「あ、今答え決まったよね」

 

と言うと相手はかなり同様するでしょうね。


相手の心が読めるようになると面白いですよ。

 

 

どうしても譲れない条件を見抜く方法

 

会話の中で相手がどうしても譲れない場合があります。

 

そんな時にする仕草をご紹介します。

 

【手を組む】【手を合わせる】といった仕草です。

 

エヴァのゲンドウさんと言えば分かると思います 笑

 

心理学的に人間は譲れない条件を話す時は、この動作が発生する傾向にあることが分かっています。

 

相手が条件を提示してきた場合はこの仕草を意識しておきましょう。

 

 

 

脅しや攻撃をする際に現れる仕草

 

相手があなたに対して敵意を向けている、脅しや暴力的な行動を取る可能性が高い場合。

 

そんな時は大体この仕草がでます。

 

それは【爪や指を噛むような動作】です。

 

この仕草が出てきた時は気をつけてください。

 

※DVを繰り返す人はこれが頻繁に出ます。

 

付き合ったらヤバい奴ですから注意しましょう。

 

 

 

胸の張り方から従順さを見抜く方法

 

相手が自分に対して従順かどうか見抜くには、【胸の張り方】を意識してみましょう。

 

【あなたより自分の方が上だと思っている場合】

 

あなたより自分の方が上だと思っている場合は、胸を張って背筋を伸ばし肩が開いています。

 

【あなたより自分の方が下だと思っている場合】

 

あなたより自分の方が下だと思っている場合は、体を縮めて小さく見せます。

 

胸の張り方を良く観察しておきましょう。

 

相手に体を縮めるような動作があれば、従順になろうとしています。

 

逆に胸を張るような動作があれば従順ではないということです。

 

自分が目上の人と会う時にも応用しよう。

 

もし自分が目上の人と会うような場面があれば、時より身を縮める動作をしましょう。

 

逆に発言の場面で自身を持っていることをアピールしたい場合、胸を張ることで、好印象を与えることができます。

 

この知識が無い相手でも、無意識的に印象操作は可能です。

 

 

 

ボディタッチは先にした方が有利

 

相手に何気なく触れるボディタッチですが、心理学ではサイコロジカルタッチといいます。

 

この動作は先にした方が有利という事が分かっています。

 

自分から握手をしたり、相手の体を触ったり。

 

(※変なところはお障り厳禁ですよ‼)

 

先に行うと心理的に優位な立場になることができます。

 

是非実戦してみてください。

 

 

 

【今回の出典】

 

https://www.amazon.co.jp/社会心理学-New-Liberal-Arts-Selection/dp/4641053758

 

心理学にも色々種類がありますが今回は社会心理学です。

 

社会心理学にはコミュニケーションだったり実戦的な内容が豊富です。

 

実生活の中で活かしたいのであれば普通の心理学本よりも、こちらの社会心理学本の方がオススメです。

 

今回の内容をもっと詳しく学びたい人は参考にしてみてください。

 

 

 

【おわりに】

f:id:hanabi2525:20180919164351j:plain

【仕草の心理学】いかがでしたでしょうか⁇

 

「心理学で心を読む」だけ聞くと

 

「難しそう」だとか「素人には無理」

 

そう思われがちですが、意外と簡単にできます。

 

もちろん心理学は非常に奥が深いので、技術を重ねて誘導させて相手から心をさらけ出させる方法もあります。

 

今回とりあげたような小さな簡単な技術でも、日常的に意識するのとしないのとでは大きな変化を生みます。

 

※実戦するのとしないのとでは大きく違います。

 

ただ知識として頭に入れるのではなく、日常生活の中で実戦してみてくださいね。

 

それではまたお会いしましょう◎

プロフィール
id:
名前・Kaede

20歳、社会人。 GOD(全般性不安障害) 心理学超研究しています。 心理学や科学の力を借りて 色々な人の人生を変えるきっかけを 作り出していきます。 皆さん見ていてください。絶対に影響力を与える人間になります。 メンタリストDaiGoさんに感謝。

不安症が心理学で人生を変えていくブログ