不安症が心理学で人生を変えていくブログ

20歳、平凡な社会人。学生時代から不安症で日々絶望感を味わってきた僕。そんな僕が心理学を学んで根性で人生と戦っていくブログです。 ダイエット・断捨離・集中力・ストレス・人間関係・SNS・等の日頃、様々な人が苦労していることを心理学を使って一緒に乗り越えていけるように人生を変えていきます。 

MENU

【オーディオブックの極意】知らなきゃ損する聞く本の効果を心理学で最大化する方法

こんにちはKaedeです。

 

今回はメンタリストDaiGo

 

オーディオブックの極意~初公開!忙しくても1日5冊の本を耳から読む方法

 

を完全にまとめたので解説します。

 

忙しくて中々本が読めない人や元々本を読む習慣がない人などにオススメです。

 

オーディオブックとは聞く本なので、通勤時間や、ちょっとした合間合間で頭に内容を入れることができます。

 

今回はオーディオブックを聞くコツや得られる効果を最大化する方法を伝授します。

 

※オーディオブックを聞いている人は、これを知っておくのと知らないのとでは大きな差が生まれますよ‼

 

 

紙の本の強み/オーディオブックの強み

 

●紙の本の強み

 

紙の本ではスキミングができます。

 

スキミングとは、途中から読んだり、飛ばし読みしたり、パラパラめくり好きな部分だけ読めることです。

 

これが紙の本の一番の強みです。

 

しかしデメリットとして自分の注意を向けているところしか記憶に残らないというものがあります。

 

 

●オーディオブックの強み

 

作業中や移動中でも聞ける。

 

最初から最後まで聞かなくちゃいけないメリットでありデメリットでもあるもの。

 

紙の本ではスキミングするので読まないような部分も読める。

ここを読むことによって普段触れない言葉に出会ったりするので、アイデアが生まれてきたり新しい発見があったりする。

 

勝手に耳に入ってくるのでスキミングとは違い、注意を向けなくても記憶に残る。

 

何回も何回も聞くのがオーディオブックです。

 

飽きてきたら加速して聞くようにしましょう。

 

加速することで緊張感が生まれて新鮮さが取り戻せます。

 

時間の短縮にもなりますし、頭の回転も速くなります。

 

 

 

実践的な本を繰り返し聞くことで真価を発揮する

 

オーディオブックの目的は圧倒的な記憶への定着です。

 

フレーズとかが出てくるものや、実践的で身に付けなきゃいけない部分が内容としてでてくると、頭の中でストーリーを思い浮かべるので、実際の行動でもそれを実践するようになります。

 

読唇術や話術なんかはこれに当たりますね。

 

自然と行動にしてしまうので身に付くレベルが上がります。

 

実戦的な本はオーディオブックで聞くようにしましょう。

 

 

 

オーディオブックで聞いた方が良い本を見極めるには⁇

 

サンプルや店頭での立ち読みで真ん中を読んで論理構成がしっかりしている本。

 

これは良い本が多いです。

 

真ん中と言うのは基本的に書き手側としても、ダレてきてしまいます。

 

逆に言えば真ん中がしっかりしている本は、最初も最後もしっかりしている本であることが多いです。

 

「この本は最初から最後まで記憶に定着させたい!」

 

「実戦的な内容が多いから普段の生活でも行動として出来るようにしたい!」

 

サンプルや立ち読みである程度読んだうえで、こういった本はオーディオブックで聞きましょう。

 

 

 

許されるならBGMとして常に流しておく

 

オーディオブックは基本的にはずっと聞いてください。

 

睡眠時間が7時間程だとすれば残りの17時間ですね。

 

しかし仕事の都合などもあると思いますから聞ける範囲で。

 

聞けるような状況であるならば常にBGMとして流しておきましょう。

 

オーディオブックはどこで聞くかや周りに何があるかでも効果が変わります。

 

散歩や家で聞く場合でも変わってきます。

 

オーディオブックを常に聞く癖を常につけておきましょう。

 

聞けば聞くほど定着しますし、行動も変わりアイデアを生まれます。

 

 

 

オーディオブックを使った4倍速穴埋め暗記

 

さっきも言ったようにオーディオブックは何回も聞き込むものです。

 

最初は3倍速までで本の内容を頭に入れておきます。

 

そして大体4倍速以上加速していくと、

 

一部の単語は聞き取れるけど、一部の単語が聞き取れない

 

そんな状態になります。

 

そうすると聞き取れなかった部分が穴埋め問題になります。

 

オーディオブックを聞くとき人間は自分の過去の記憶と補いながら聞いていくので、穴埋め問題になることで記憶の定着に効果があります。

 

ですからBGM感覚で何回も入念に聞き込み加速していき、最終的には穴埋め問題が出来るくらいまでの速度で聞きましょう。

 

4倍速になるということは4倍速く本を聞き終わるということですからね。

 

どんどん時間を有効活用できます。

 

 

 

多読復習の自動化

基本的に繰り返し聞くことによって分散学習が出来ることが分かっています。

 

前に勉強の記事で分散学習についてお話したのを覚えていますか⁇

 

1:5の法則で、30日後にテストがあるならば最初の勉強から6日目に復習すると、最も記憶に定着しやすい。といったお話です。

 

※勉強法のお話はこちら↓

 

www.hanabi2525.com

これを応用してオーディオブックを分散学習に使います。

 

皆さんが一日1冊聞けるとすると、プレイリストでオーディオブックを5つほど入れておけば分散学習の周期に当てはめることができます。

 

オーディオブックは一冊を入念に聞き込むのもありですが、慣れてきた場合は多読用のフォルダーを作って、1週間そのフォルダーの本を分散学習してみてください。

 

そうすることでどんどん自動的に復習できるようになります。

 

ですからまずは自分が一日どのくらいの量聞けるのかを知りましょう。

 

 

 

セレンディピティを発揮してアイデアを生み出す

 

セレンディピティとは掘り出し上手といった意味です。

 

自分が持っているけれども埋もれてしまっているアイデアを呼び起こすことが重要です。

 

例えばオーディオブックを繰り返し聞いていると、やたら耳につく言葉が出てきます。

 

そういうのは自分の求めていたアイデアだったり、自分が考えている問題のヒントになったりする場合があります。

 

オーディオブックで聞いていて、なんか気になるフレーズがあれば、自分の今の問題や人生に当てはめてみてください。

 

これを応用する方法もあります。

 

例えば自分が心理学でビジネスをやりたいとします。

 

その時オーディオブックで流れてくる音で心理学に結び付くものはないか、常に意識しながら聞く方法です。

 

そうすることで時々ピッタリ一致する感覚が生まれます。

 

こじつけで無理やり結び付けていくやり方ですね。

 

 

 

多相聴書でサイケデリックにアイデアを出す

 

これは左と右の耳で違うオーディオブックを聞くという方法です。

 

その2冊の言葉を頭で組み合わせながら新しいアイデアを作っていきます。

 

ここまでくると頭がおかしいですよね。

 

しかし紙の本を同時に2冊読むのは無理ですが、オーディオブックではこれが出来ます。

 

実はこれは皆さんは普段日常生活でやっています。

 

学校や会社、あるいは街中で右のグループの会話と左のグループの会話、どちらも耳に入ってしまうことがあると思います。

 

そんな時意外とどちらの会話も記憶に残っていたりしまう。

 

ですからオーディオブックでも本来は聞けてしまうんですよね。

 

ポイントは男性と女性のナレーターで分けると聞きやすいです。

 

目的は二つの本のアイデアを混ぜて新しいアイデアを作ることです。

 

普通の聞き方に飽きてきた人は是非やってみてください。

 

 

 

聴くだけで説得力を高める会話力を身につけるには?

 

説得力を高めるには最初早口で喋るのが効果的です。

 

そうすると、専門的な人に見えます。

 

また最初の段階でゆっくり喋ると人間は突っ込みを入れたくなります。

 

ですから一番最初は早口で喋ることで突っ込む隙を与えずに、専門性と信頼性がある人だと思わせた上で会話の主導権を握ります。

 

そして大事なメッセージを伝えたい脳に刷り込ませたい部分はゆっくり喋る。

 

これはヒトラーなんかも使っていたテクニックです。

 

心理学的にも最も説得力がある喋り方として証明されています。

 

ではどういう風に論理構造を保った状態でありながら、早口で喋っていくのかというと。

 

オーディオブックです。

 

ちゃんとした本は論理構造がしっかりしていますから、オーディオブックを常に聞く習慣が身についていれば、自然と頭の中で論理構造を作って喋れるようになります。

 

ポイントは接続詞だったりA=B=C等の構造を意識しながら聞くことです。

 

 

オーディオブッカーになるためのツール

 

●イヤホン

 

オーディオブックは加速して聞いていくものなので、密閉型でないと周囲の音が入ってしまい聞き取れなくなってしまいます。

 

密閉型であれば音も大きくしなくて済むので耳が悪くなりません。

 

条件としては

 

①加速に耐えられる密閉型またはノイズキャンセリング機能付き

 

②お風呂や運動中でも聞けるような防水性

 

③充電が何時間持つか(6時間ほどは欲しい)

 

オススメのイヤホン↓

 

 

 

 

 

 

●小型のモバイルバッテリー

小型でイヤホンをまけるモバイルバッテリーを持っておくのが重要です。

 

外出先でイヤホンの電池が切れてしまった時用の保険として、小さくて安価なものがアンカーにあるのでオススメします。

 

オススメのモバイルバッテリー↓

 

 

 

 

 

 

流す本によって生じるプライミング効果

プライミング効果とは⁇

 

人間は事前に与えられた刺激によって行動が変わるというもの。

 

分かりやすい実験例を出しますね。

 

置いてある花瓶に値段を付けてもらうという実験を行います。

 

普通は人間は大体同じ価格を提示します。

 

しかしこの実験を行ってもらう前に、2つのグループに分けてルーレットゲームで遊んでもらいます。

 

Aグループは1000より下の数字しか出ません。

 

Bグループは1000より上の数字しか出ません。

 

この状態で花瓶の値段付けをすると、ルーレットと花瓶の値段付け実験では関連性がないはずだったのに

 

1000以下のルーレットで遊んだ人は1000円以下の値段を付け、

 

1000以上のルーレットで遊んだ人は1000円以上の値段を付けました。

 

つまり人間は何かの意思決定や行動を行う時にも、その前に受けた周りの環境や刺激によって影響を受ける。

 

という事が分かりました。

 

 

 

オーディオブックでの自己暗示

 

先程のプライミング効果がありますよね。

 

これをオーディオブックでやってしまえば良いんです。

 

スタンフォードの自分を変える教室

audiobook.jp

という本があります。

 

これは意志力や自己コントロール能力に関するオーディオブックです。

 

ですからこれを聞きまくった状態で意志力を発揮しなくてはならない行動をとると、いつもより意思力が向上した状態で行動が出来ます。

 

つまり簡単に言うと意思力の本を聞いているわけだから、意思力の発揮がしやすくなった状態で行動ができるようになります。

 

ポジティブになりたい時なら、ポジティブな内容が書いてある本をオーディオブックで常に聞くようにしておきましょう。

 

説得をしたい時は影響力を与える本を聞いてみるだとか。

 

こういう風に事前の刺激で自信に暗示を与えておくのは非常に効果的です。

 

 

 

【おわりに】

f:id:hanabi2525:20180919164351j:plain

 

【オーディオブックの極意】いかがでしたでしょうか⁇

 

忙しい移動時間帯でも本を頭に入れられるってって素晴らしいことですよね‼

 

中々紙の本を読む時間が無い人はオーディオブックに切り替えてみましょう。

 

倍速でどんどん一日に聞けるオーディオブックの量を増やしていくのも面白いと思います。

 

僕は最近DaiGoさんの放送も2倍速で聞けるようになってきたので、そうすると普段の会話がゆっくりに聞こえてきて面白いです。

 

頭の回転が速くなってるのが実感できて、相手と会話している間に、表情や雰囲気や口調で返答を変えるのが上手くなった気がします。

 

オーディオブックを倍速で聞いている人は、会話力が物凄く向上しますよ‼

 

是非自分にあったオーディオブックを聞いてみてくださいね‼

 

まとまった時にオススメのオーディオブックを紹介していきます。

 

 

それではまたお会いしましょう◎

プロフィール
id:
名前・Kaede

20歳、社会人。 GOD(全般性不安障害) 心理学超研究しています。 心理学や科学の力を借りて 色々な人の人生を変えるきっかけを 作り出していきます。 皆さん見ていてください。絶対に影響力を与える人間になります。 メンタリストDaiGoさんに感謝。

不安症が心理学で人生を変えていくブログ