不安症が心理学で人生を変えていくブログ

20歳、平凡な社会人。学生時代から不安症で日々絶望感を味わってきた僕。そんな僕が心理学を学んで根性で人生と戦っていくブログです。 ダイエット・断捨離・集中力・ストレス・人間関係・SNS・等の日頃、様々な人が苦労していることを心理学を使って一緒に乗り越えていけるように人生を変えていきます。 

MENU

【信じる心理学】何を信じれば上手くいくのか分析してみた

 こんにちはKaedeです。

 

今回はメンタリストDaiGo

 

何を信じればうまくいくのか分析してみた

 

についてまとめたので公開していきます。

 

迷信など科学的根拠の無いものを信じるメリットを科学的に解説します。

 

今回はさっくりしてまとまっていますから直ぐに読めると思います。

 

自分が今どんなことを信じれば良いのか、わからない人必見です。

 

 

科学的根拠の無い物を信じるメリットは⁇

 

実はあります。

 

特定の状況においては迷信を信じた方が良いということが、科学的に分かっています。

 

それは自分がコントロール出来ないものに対して不安を感じている時です。

 

人間はどうしても科学や自分の力でコントロールできないものがあります。

 

天候や将来や治せない病気など。

 

そういった自分でコントロール出来ないものに対して強烈な不安を感じる生き物です。

 

迷信は自分でコントロール出来ないものを、自分でコントロール出来るという風に感じさせてくれるものです。

 

その結果何が起こるかというと、安心感が生まれます。

 

つまり安心して行動でき、不安を取り除いてくれる良いツールになっています。

 

ですから迷信だと分かって信じるというのはありです。

 

勿論分かっているのといないのとでは違います。

 

依存しすぎるのもマイナスです。

 

信じるという行為自体が安心感や不安を取り除いて自信に変えてくれます。

 

ですから、自分が将来に対する不安を感じた時には、何を信じて計画性を持って行動すれば良いのかを考えてみてください。

 

 

 

信じれる人はパフォーマンスが向上する

 

ゴルフの実験で一般人にプロゴルファーのゴルフパターを渡して、実際にパターを打ってもらうと、入る確率が38%も上がった。

 

ということが分かっています。

 

実際にプロの使っている物と一般の物であまり差はなく、パターが入るかどうかは本人の腕次第だが、人間は信じるという行為だけで自分のパフォーマンスを上げてしまう。

 

例えばアイデアを出すために万年筆を使う。

 

ただアイデア出しなら鉛筆でも変わらないが、過去の有名な著名人を見ると、こんな人も万年筆を使っていた!

 

というのを知ると自分も万年筆を使えば良いアイデアが出るんじゃないか⁇

 

と自分のジンクスを強化することが出来る。

 

そうして実際に自信が湧いてきてアイデアが出るだとか。

 

信じれる人はパフォーマンスを向上できるということが、科学的に見ても分かっています。

 

 

 

信じて得られるものと得られないもの

 

信じて得られるものは、自分の行動力や今を変える力です。

 

信じることによって得られないものは、結果です。

 

結果がどうなるかは信じることで左右されるものではありません。

 

誰かを信じて裏切られた結果、人のことを信じる事ができなくなった。

 

これは結果と信じたかどうかは関係ないですよね。

 

信じてなくても結果は勝手にやってきます。

 

ただ信じることによって自分が行動出来るようになったり、可能性を広げることが出来たりして、それにより結果が付いてくる場合はあります。

 

信じたからといって結果が貰えると思うと落とし穴にはまります。

 

恋愛なんかは大体これです。

 

 

 

自己充足的表現

「こういうことが起こるかも」と思うと、人間は無意識的にその通りに行動してしまうこと。

 

悪い予想が当たってしまうのはその悪い予想が記憶に残りやすい。

 

というのもありますが、この自己充足的表現が働いている場合もあります。

 

 

 

お守りを信じる効果

 

アナグラムを作る時にお守りを持っている場合と持っていない場合で、どちらの方が根気よく続けられるか調べた実験があります。

 

お守りを持っている人の方が5分長く続けられ1.5倍多くのアナグラムを作れました。

 

つまりジンクスのある物を使うと粘り強くなります。

 

お守り自体に科学的根拠はないですが、信じることによって自分のパフォーマンスが向上する。

 

というところには科学的根拠があるということですね。

 

 

 

自分の過去の辛い体験から立ち直る方法

 

メタファーセラピー

 

自分の中で踏ん切りがつけられていないことを紙に書き出す。

 

それを封筒に入れて封をする。

 

そしてその封筒を捨ててしまう。

 

こうして自分の中でモヤモヤしていることを閉じて終わらせる。

 

こうすることで自分への強い自己暗示が働きます。

 

結構スッキリしますからやってみてください。

 

 

 

何を信じれば良いのか

 

まとめとして何を信じれば良いのかお話します。

 

結局のところ迷信でもスピリチュアルでも、自分がそれを信じて行動や思考やモチベーションなど。

 

変えられる物であれば何でも信じてOKです。

 

執筆で使うペンや勝負の時のお守りなど自分に合ったジンクスを見つけましょう。

 

しかし依存はだめですよ相手にコントロールされて騙されてしまいますからね。

 

未来や結果が完璧に変わるわけではありません。

 

【信じることによってパフォーマンスが向上する】

 

ということを頭に入れて、自分なりのジンクスを見つけてみてください。

 

これは科学的根拠がありますから、スピリチュアル嫌いな人でも実践しやすいと思います。

 

 

【おわりに】

f:id:hanabi2525:20180919164351j:plain

【信じる心理学】 皆さんいかがでしたか⁇

 

いつも内容がぎっしりなので、たまにはさっくりも良かったかなと思います。

 

一番伝えたいのは

 

自分がそれを信じて行動や思考やモチベーションなど、変えられる物であれば何でも信じてOKということです。

 

依存はしてはダメなのが難しいところですが……。

 

信じて得られるものは【自分の行動力や今を変える力】


信じることによって得られないものは【結果】

 

これも覚えておいてください。

 

個人的にはスピリチュアルなどは信じるまではいかなくとも、ワクワクする感じは好きです。

 

皆さんぜひ自分なりのジンクスを見つけていただいて、自分の行動力に結び付けて行ってくださいね。

 

それではまたお会いしましょう◎

プロフィール
id:
名前・Kaede

20歳、社会人。 GOD(全般性不安障害) 心理学超研究しています。 心理学や科学の力を借りて 色々な人の人生を変えるきっかけを 作り出していきます。 皆さん見ていてください。絶対に影響力を与える人間になります。 メンタリストDaiGoさんに感謝。

不安症が心理学で人生を変えていくブログ