不安症が心理学で人生を変えていくブログ

20歳、平凡な社会人。学生時代から不安症で日々絶望感を味わってきた僕。そんな僕が心理学を学んで根性で人生と戦っていくブログです。 ダイエット・断捨離・集中力・ストレス・人間関係・SNS・等の日頃、様々な人が苦労していることを心理学を使って一緒に乗り越えていけるように人生を変えていきます。 

MENU

【心理学のプロが教える】直観力を鍛える方法と仕組みを解説してみた

こんにちはKaedeです。

 

今回はメンタリストDaiGo

 

直観力を鍛える~何故かカンのいいやつの秘密を明らかに

 

以上について解説していきたいと思います。

 

皆さんの周りにも何故かカンの鋭い人っていますよね?

 

そんな人達が何故カンが鋭いのかを科学的に明らかにしていきます。 

 

 

そもそも直観とは何か?

 

論理的な思考や意識的な観察を飛ばして、意思決定や判断が行われることです。

 

理性が入る前に判断します。

 

 

 

直観って皆が持っているものなの?

 

これは疑問に思う人もいるかもしれませんので、答えを先に言うと皆が持っています。

 

これを確かめた実験があります。

 

普通の人物写真を1.5秒見せて一度白い画面を見せる。

 

そしてその後に同じ人物写真に眼鏡をかけさせたものを見せる。

 

この実験を行ったところ

 

1.5秒は結構短いので多くの人は、眼鏡をかけた写真に切り替わったことに気づいていない。

 

ただ多くの人が何かが変わったことには気づいた。

 

これがいわゆる直観ですね。

 

 

●何故この現象が起きるのか⁇

 

△アメリカのヴァンダービルト大学の研究

 

脳をMRIでスキャンして働きを見ると、人間の脳が直観を使う時と意識的な観察をする時で、脳の使っている場所が異なっているからということが分かっています。

 

ちなみに運が良い人はそうじゃない人に比べて約20%多く直観に頼っているという研究結果もあるそうです。

 

 

 

 

直観に頼って良い時と悪い時

 

【直観に頼って良い時】

 

初対面の人に対する判断を下す時に事前情報が無い場合に、直観を使ったイメージを信じたほうが良いというのが科学的に分かっています。

 

基本的に人間や動物というのは昔から、パッと見て相手が敵かどうかを判断して生きてきました。

 

ということは生物学的に人間らしいバイアスが無い状態で相手と対峙した時には、人間は最も良い判断を下せるということです。

 

「最初は印象悪かったんだけど、話していくうちに良い人なのが分かった」

 

という現象がたまにあるかと思いますが

 

こういった現象が人間の記憶に残りやすいだけであって、統計的に見ると初対面で悪い印象を持った場合は、その直観が正しい場合が多いです。

 

【直観に頼ってはダメな時】

 

ところが自分に対する判断を下す時には、直観に頼らない方が良いというのが科学的に分かっています。

 

人間というのは70%の人が自分は平均より少し上であると思い込んでいる生き物です。

 

直観に頼ってしまうとこのバイアスが働いてしまうため、多くの場合失敗してしまいます。

 

つまり自分の過去の経験と照らし合わせて初対面の人に対する判断は下さないことです。

 

 

 

フィードバックで直観力を鍛える

 

嘘を見破る時や初対面の相手に対する判断を下す時など、直観を使う時には必ず答え合わせをする癖を付けましょう。

 

そうすると失敗する感覚と成功する感覚が分かるようになってきます。

 

オススメな方法としては初対面の相手に会う時、最初良い印象なら〇を付け、その後もやっぱり良い人だったなら◎を。

 

最初に悪い印象なら△を付け、その後もやっぱり悪い人だったなら×を付けるなどして、直観力を磨くようにしてみましょう。

 

これは占い師が行っている技術でもあります。

 

相談に来る人は占い師に対して本当のことを言うと思うので、んな人に同じような質問をしてフィードバックして精度を高めています。

 

そのため人を見抜く力がどんどん身に付いているということです。

 

占い師が浮気を見浮く力が強いのもこれですね。

 

 

 

罰ゲームで直観力を鍛える

 

△イギリスのノッティンガム大学の研究


自分の直観力を高める為には罰ゲームをすると良いということが分かっている。


直観が外れた時にPavlokなどで罰を自分に与える。

 

誰かにお金を上げるなどことや輪ゴムで罰を与えるのもあり。


そうすると脳が罰を受けたくないためにフル回転するため直観力が磨かれて行く。

 

 

 

 

どんな時に人間は直観力が最も高まるのか

 

△オランダのユトリフト大学の研究による

 

人間はお腹が空いている時が直観力が最も高まる

 

ということが分かっています。

 

A/B/C/Dのカードを用意し、被験者達にそれぞれの山からカードを引いて行ってもらう。

 

A/Bの山は当たった時の貰えるお金が多いが外した時に失うお金も多い。

 

C/Dの山は当たった時に貰えるお金は少ないが外した時に失うお金も少ない。

 

これを被験者達に何回か引かせる。

 

統計的にC/Dの山の方が当たる確率を多く設定している為、答えはC/Dの山を引くことが最も多くのお金をもらえることが出来る。

 

この時、お腹が減っているグループとそうでないグループを比べると、お腹が減っているグループをの方が早くこの仕組みに気づいた。

 

この結果から直観力が最も高くなるのはお腹が空いた時ということが分かった。


ですから直観力を働かせたい時にはお腹いっぱい食事をするのを辞めてみましょう。

 

 

 

男性は女性よりも直観によって浮気を見抜く

 

△アメリカのカンザス大学のジェフリーフォール教授の研究

 

男女でペアを作り10分程の会話をしてもらう。

 

そして会話が終わった後に、相手が浮気をしている人だと思うか、していない人だと思うかアンケートに答えてもらう。

 

その結果、男性の36%は初対面の相手であるにも関わらず、浮気をしている女性を見抜くことができた。

 

ちなみに初対面の男性の浮気を見抜いた女性は18%。

 

つまり男性は初対面の相手に対してはビッチであるかどうかを見抜ける確率が高い。

 

しかし女性の方がコミュニケーションが高いため、付き合いが発生した時には男性の目は盲目になってしまう。

 

 

 

第三者から見ると女性の浮気はばれやすい

 

△先程のアメリカのカンザス大学の研究で行った。

 

10分間の会話のビデオを第三者に見せる実験も行ったところ、浮気していない人達に対する正答率は66%程だった。

 

つまり浮気していない人というのはパット見で分かる。

 

そして浮気している人を見極める確率は38%程だった。

 

ところが第三者が女性であった場合。

 

男性の浮気を見破る確率は22%しかなかった。

 

ということは、女性は初対面の相手に対しては浮気を見破る力が低い。

 

そして女性は第三者から見られると浮気がばれる確率が高い。

 

つまり男性が女性の浮気を見破りたいのであれば、彼女と一度も合わせたことが無い友達を彼女と合わせて会話をさせ、どう思ったか聞くのが一番浮気を見破れる確率が高い。

 

 

 

ぼんやり相手を見ると嘘は見破れる

 

△アメリカのカリフォルニア大学 心理学ブリンケの研究

 

犯罪者が尋問されている動画を見せて、その人が嘘を付いているのか判断してもらう

という実験を行う。

 

この時に意識して相手の嘘を見破ろうとした場合は的中率が50%だった。

 

しかし一番最初の直観に頼って嘘を付いているかどうか判断した時には的中率が高くなった。

 

つまり見破ろうとすると嘘は見えなくなってしまう。

 

なぜかというと、口元の動きだけに注目してしまったり、視野が狭くなるため。

 

一番最初はぼんやり相手を眺め、直観を働かせて、違うなと思った時に意識して相手を観察することが大事。

 

嘘を見破る時には直観で絞ることをスタートにすると良いです。

 

人狼ゲームなんかで直観をフィードバックして嘘を見破る直観を鍛えてみるのも非常に良いと思います。

 

 

 

結婚相手は直観で選んでも良いのか?

 

△フロリダ州立大学の研究

 

4年間結婚したカップルを追う実験。

 

半年ごとに旦那が感じた奥さんに対しての満足度をアンケートで答えてもらう。

 

その結果ひとめぼれで結婚したカップル程、満足度が高かったことが判明した。

 

つまり結婚相手においても最初に感じた直観というのはかなり大事だという事。

 

 

 

決断力は女性のほうが上という事実

△マックバスター大学の研究

 

色々な企業のCEOや社長など取締役階の人達を調べたところ

 

男性は論理的な判断を多くしてしまうが女性は直観的な判断が多いということが分かった。

 

そのため男性よりも女性の方が決断力が優れているということがわかった。

 

 

 

合コンと直観に対する研究

 

△アイルランドの研究

 

初対面の人と相手との体の相性をどれくらい判断できるか。

 

合コン前に相手の写真を見て「いいな」と思った判断と、実際に合コンをして話してデートをしてみて「やっぱりいいな」と思うことの相関性を調べた。

 

すると63%ほど相関性があった。

 

つまり写真を見たら6割の確率でデートした後に良い気分になるのか悪い気分になるのかが分かる。

 

 

 

 

ブロック練習とインターリービング練習

 

【ブロック練習】

 

一個一個集中して行っていく練習。

 

【インターリービング練習】

 

全部まとめて行っていく練習。

 

100個の英単語を例とすると、一日10個を10日間かけて覚えるよりも、100個を10日間毎日目を通した方が覚えが良い。

 

これを相手の表情を読む練習に当てはめるなら、相手の目と口元や頬の筋肉などを全部まとめて見る方法の方が身に付きやすい。

 

勉強に当てはめると実際に行われた数学の実験では、このインターリービング練習とブロック練習を行ったグループを比べたところ

 

翌日の小テストの成績はインターリービング練習を行っていたグループの方が25%高かった。

 

また長期的、1か月後の成績を比べても、インターリービング練習を行ったグループの成績は75%も高かった。

 

 

 

【おわりに】

f:id:hanabi2525:20180919164351j:plain

いかがでしたでしょうか?

 

直観と聞くとスピリチュアルな部分を思い浮かべるかもしれません。

 

しかし人間の脳というのは本当に良く出来ていて、無意識の内に莫大な計算を行った上での直観なんですね。

 

普段の生活の中で少し思考時間が長すぎて悩んでしまう人は直観に頼ってみるようにすると良いと思います。

 

勿論自分の事についてはバイアスが働いてしまうので、バイアスが働かない時にしましょうね。

 

そしてフィードバックを必ず行うように記録をとり、直観力をどんどん高めていきましょう。

 

観察能力向上にもなります。

 

直観力が磨かれるとパートナーの浮気や人間関係を良くできたり、色々な部分で得をしますよ。

 

 

それではまたお会いしましょう◎

プロフィール
id:
名前・Kaede

20歳、社会人。 GOD(全般性不安障害) 心理学超研究しています。 心理学や科学の力を借りて 色々な人の人生を変えるきっかけを 作り出していきます。 皆さん見ていてください。絶対に影響力を与える人間になります。 メンタリストDaiGoさんに感謝。

不安症が心理学で人生を変えていくブログ